2006年08月11日

今日のwiki:項目『FAIRYTAIL』

フザけすぎw
wikipediaFAIRYTAILより

この「FAIRYTAIL」は、まだ完結していない作品や番組に関する項目です。ある程度ストーリー・番組内容がまとまってから編集するようにしてください。

『FAIRYTAIL』(フェアリーテイル)は、真島ヒロによる少年漫画作品。「週刊少年マガジン」(講談社)において連載中。

<<目次>>
* 1 読みきり作品「FAIRY TALE」について
* 2 ストーリー
* 3 概要
* 4 登場人物
・ 4.1 主要キャラ
・ 4.2 評議員
* 5 ドラゴンの実
* 6 ドラゴンの実の種類
・ 6.1 その他

<読みきり作品「FAIRY TALE」について>
この物語は全く初めての登場というわけではなく、マガジンFRESH2002 年9月3日増刊号に読みきりという形で「FAIRY TALE」が掲載されたことがある。しかし、タイトルの読みだけが共通で、内容は「火の民」の少年と「水の民」の少女が魔女に盗まれた「デビルマ全書」と、同じく失われたhydeの身長 156cmを取り戻す、というまったくの別物であった。 こちらは現在短編集「ましまえん」の1巻に収録されている。

本作のタイトル「FAIRY TAIL」は「妖精のしっぽ」という意味であり、読みきり作品のタイトル「FAIRY TALE」は「おとぎ話」という意味である。前者が「フェアリーテイル」、後者が「フェアリーテール」と記載されている。連載版でのフェアリーテイルは魔導士ギルドの名称である。 「FAIRY TALE」は元々RAVEの次の連載案であった作品であるが、スケジュールの都合からいったんは読みきりとして発表。その後、タイトルのみが復活する形となった。 ○ンピースのパクりと言う声も聞こえるが気のせいだ。

<ストーリー>
伝説の海賊王Mr.Hyde156が遺した富と名声と力の「ひとつなぎの大秘宝フェアリーテール」をめぐり、幾人もの海賊が覇権を賭けて争う大海賊時代。そんな時代に生まれ、海賊に憧れる少年は、「ドラゴンの実」と呼ばれるふしぎな実を食べて竜人間となり、カナヅチ体質になりながらも、海賊王となるために仲間とともに「フェアリーライン」の島々をめぐり、ラフテルを目指して冒険する。

<概要>
ヒットの要因としては、主人公をはじめとした登場人物のキャラが立っていること以外に、彼らが使う「能力の自由度」が挙げられるだろう。

<登場人物>
 主要キャラ
* ナツ
主人公。フェアリーテイルの魔導士火竜を使いこなす。ルフィではない、なぜなら身長はhydeと同じ156cmだから。

* ルーシィ
謎に包まれたキャラ、三匹の三色ドラゴンを従えている。 それぞれ名前は、群青色は「hyde」体高156cm 黄銅色は「ハイド」体高156cm 農白色は「はいど」体高156cmと大きさが同じなので、3兄弟という説がある。いまだ、戦闘に参加したことはなく、ルーシィの戦いを判定している。ルーシィがダウンしても、判定勝ちをつけることもあり、読者は亀田ジャッジとすでに呼んでいる。

* ハッピー
航海士との見方が強い。元は貧乳でバストが78cmしかなかった(両方あわせて156cm) 下着のメーカーは「The hyde」ドラゴンの実を食べて95cmの巨乳になった。 肩に風車の刺青がある。海賊の従軍慰安をしていることは間違いない。

* アクエリアス
職業はコック

* イグニール
3刀流を操る剣士。非常に大型の剣を扱う。3本とも156cmある。 それぞれ国宝級の業物で、DQNのイグニールがなぜ持っているかは不明。 銘は「正宗hyde

* ソケキング

 評議員
* ジークレイン
* ウルティア

<ドラゴンの実>
「ドラゴンの実」とは作中に登場する特殊な実の総称であり、売るとだいたい156億ハイドの値がつく。味は非常にまずいが食べることで特殊能力を身に付けることができ、作中ではこれを食した者を「能力者」と呼ぶ。一口でもかじると食べた者に能力が生まれ、その時点で悪魔の実はただの不味い果実となる(つまり、切り分けて食べても一つの実から複数の能力者が生まれる事はない)。また、一度実を食したことのある「能力者」が、別種の実を食べると二つめの "呪い"により体が跡形も無く木端微塵に吹き飛ぶという事例がある。「ドラゴンの実」の形には全く統一性がなく外見からその実がどんな能力を宿しているのかを見分けるのはほぼ不可能と思われる。ただ、能力者が力を使った瞬間、一目で「○○○○の実」の能力者だと気付くキャラクターもいるためドラゴンの実の名称と能力はある程度知られていると思われる。(戦局を左右する程の力を持つ「ドラゴンの実」なので多くの研究者がいるであろうし、研究結果のまとめられた図鑑等があっても不思議ではない。)難点もある。「ドラゴンの実」は海の悪魔の化身といわれ、能力者は海に嫌われてカナヅチになり海に沈んでも浮かばなくなり、その力も一時的に失われ、もがくことしかできなくなる。この場合の「海」とは、川や風呂など、水が溜まっている場所全てを指し、雨やシャワーなど流れ落ちる水は影響しない。また、全身が海に浸かっている場合に比べ、体の一部分だけが浸かっている場合は症状が軽減される。

<ドラゴンの実の種類>
能力の種類は「動物(ゾオン)系」「超人(パラミシア)系」「自然(ロギア)系」の三つに大別できる。グランドラインの新技術では人のみならず、無生物も食べることができる。もちろん人以外の動物が食べても能力者になれる。

その他
* ボラ
* hyde厚底装備時(189cm)
posted by lospa at 15:18| Comment(1) | ●web日記[メモ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もう修正されたけどこれは意味分からんw
Posted by at 2010年06月19日 23:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。