2008年10月02日

プラチナ万年筆 ZeroShin MZ-500A

081026ゼロ芯.jpgゼロ芯シャープ
“残芯、1mm。”って店頭ポップを見た気がする。
左がちょっと太ってる(写真だとそんな変わんない様に見えるな)最初に買ったやつで、右が後から出たスマートな方。
上についてる消しゴムが豪華。あれあれ。回すとにょきにょき生えてくるタイプ。
最初に買った方はキャップがどっかに行き、消しゴムもどこかに消えた。

これ使って短くした芯も集めてたりする。
081026残芯.jpg
そういえば最近フィルムケース見ないなー。たまに小物入れるのに便利なのに。実家の方にあったフィルムケースを箱に入れて無料配布してたプラモ屋はこの前行ったら潰れていた。



出してる会社は「プラチナ万年筆」か。初めて聞いた。
amazonで売ってない。もしかして結構希少?

会社のサイト見つけた。
老舗文具店三代目社長のブログ | このシャーペンなんだっけ?
ここに答えがあった。
それにしてもゼロ芯でググってトップにこないってどうなの。
プラチナ万年筆
>>商品案内>>シャープペンシル
の8ページ目にようやく載ってる。デブっちょは『MZ−300』(¥300)、スリムは『MZ−500A』(¥500)という型番らしい。
定価1000円のMZ−1000Aというのもあった。
最近高級志向のシャーペン増えたよなぁ。
シャーボその他なんかの機能付いてると500〜1000円行くよね。


残芯(斬新)改革、残り芯わずか1mmプラチナシャープペンシル ZeroShin(ゼロシン)MZ-500A 通販ショップの販売価格を比較 / ECナビ
関連
ただのちっちゃいシャーペンだと思っていた かの人へ届け憂鬱 08 10/26
posted by lospa at 22:03| Comment(0) | シャーペンコレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。